ホーム > 先輩看護師メッセージ

先輩メッセージ

看護師

山本 雄一郎

出身校:東京都済生会看護専門学校

 

今の病院を選んだ理由をお答えください

 回復期の看護に対して、看護学校時代から興味がありました。訓練室では出来ているADLが病棟では出来ていない様な状況に対し、頑張っている患者さんの努力を普段の生活の中に反映させられたら、と思っていました。輝生会の様にセラピストと看護師が同じ病棟に配属される事で、お互いに『訓練室では、できるADL』と『実際に病棟で、しているADL』の情報交換を行い、少しでも『しているADL』を『できるADL』に近づけられるよう、患者さんとセラピストの橋渡しができたらと思い入職を希望しました。

具体的な仕事内容についてお答えください

 一般病院で行なわれる診療の補助業務があります。他に、日常生活動作(食事や排泄、入浴など)の援助を行ないます。他の病院と異なる部分としては単にADL介助を行なうのではなく、どうしたらADLが向上するのかを考え、ADL向上させていく事に視点を置いた関わりが必要になります。 他には多職種協働の環境での他職種間の調整や、退院後の生活に必要な患者さんとその家族への援助(退院指導など)も大切な業務の一つです。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 看護師・看護助手しかいない病棟とは異なり、多くの職種で共に働ける環境なので、自分の視野がとても広がる所だと思います。看護師は介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・栄養士・社会福祉士など、色々な分野に顔を出せる資格です。それぞれの分野のエキスパートの集まる病棟となるので、新しい学びが多いです。その中で看護師だからできる事(看護師の専門性)を考えていく楽しさがある事も、当院ならではだと思っています。

職場の雰囲気についてお答えください

 雰囲気はとても良いです。どの病棟も職種を越えての付き合いがあり、明るい雰囲気の中仕事を行なっています。また、研修や勉強会の機会で他の病棟等のスタッフとも話す機会があり、自然と仲良くなる事が多いです。 上司の方も優しく、普段から話しかけやすい雰囲気でいてくれるので相談などもしやすい環境です。 仕事以外でも食事に行ったり、夏にはバーベキューなどを行なったりととても楽しく働けています。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 回復期病棟では、患者さんに今までの生活に戻って頂く事が大切な視点としてあります。急性期や維持期とは違う楽しさのある病院だと思います。まずは見学に来て当院の雰囲気を肌で感じて見てください。そして一緒に患者さんのより良い生活の為に看護を行なっていきましょう。

看護師

菊池 智也

出身校:市立室蘭看護専門学院 入職1年目(卒後2年目)

 

今の病院を選んだ理由をお答えください

 急性期の病院では、点滴交換や処置などに追われてしまい、患者さんと関わる機会が少ない状態でした。 患者さんとゆっくりと会話し、より良い看護を提供出来る病院を探していました。 インターネットで当院のホームページを見て、職員の意識の高さや患者さんのために働ける病院だと感じ、 就職したいと考えました。

具体的な仕事内容についてお答えください

 患者さんの日常生活のお手伝いが病棟内での大きな仕事となっています。 リハビリ病院なのでリハビリ中心かと思っているかもしれませんが、1日を通して見ると リハビリの時間よりも看護師やケアワーカーが関わる時間の方が長いです。 リハビリの時間だけでなく、日常生活でもリハビリと同じように関わり、出来る事を増やしていきます。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 他職種が近いところにいるため、相談がしやすいことです。 患者さんのADL向上のためにどうしたらよいのか、リハビリスタッフに聞きやすいこと。 職員がフレンドリーで誰にでも質問しやすいこと。

職場の雰囲気についてお答えください

 元々看護師は女性が多い職業ですが、当院は病棟にリハビリスタッフも多く配属されています。 そのため男性が少なく、肩身が狭いという思いをしません。 また、スタッフも明るく優しい方々なので毎日楽しく仕事をすることができます。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 スタッフ1人1人の意識が高く、患者さんのためにチームで関わり、患者さんをより良い状態にすることが出来る病院です。 機会があれば、是非見学へいらしてください。1度見学することで病院の良い部分が見えてくると思います。 一緒に働ける日を心待ちにしています。

看護師

坂元 由香利

出身校:独立行政法人熊本再春荘病院付属看護学校(入職1年目)

 

今の病院を選んだ理由をお答えください

 学生時代より、回復期リハビリテーション看護に興味がありました。自分たちが行うケアの分だけ患者さまが身体的・精神的に回復される職場で働きたいと思っていた際に、リハビリテーションを専門としている当院を紹介されました。実際に見学してみて、病院の雰囲気・建物の綺麗さ・職場の雰囲気の良さに惹かれ入職を希望しました。

具体的な仕事内容についてお答えください

 具体的な仕事内容は医療的な処置と日常生活のケアです。急性期病院のように医療処置は多くはありませんが、回復期病院でしかできない看護があると日々感じています。当院は脳血管疾患の患者さまや整形外科的手術後の患者さまがたくさんいらっしゃいますが、突然障害を負うことになった方がほとんどです。障害受容のために精神的なケアが必要であったり、再発予防や体調管理、常に自宅での生活を再開することを予測した関わりを心がけています。また、ご家族への配慮や精神的なサポートも重要な役割となってきます。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 当院の1番良いところは多職種がチームとなって働いている所です。職種での壁が無く、いつでも患者さまのことを専門的な知識を持ったスタッフに相談できます。看護師の視点だけではなく多職種の視点で患者さまを捉えるので、自分の視野・考え方も広がります。日々刺激と学びでいっぱいです。 また、患者さまの状態は日々変化していきます。患者さまの回復力にも驚きますが、笑顔で退院していく患者さまの顔をみると自分も元気をもらえます。

職場の雰囲気についてお答えください

 医師も他の職種の方も気さくで話しかけやすい、わきあいあいとした職場です。比較的ゆっくりと働ける職場で、慌しいバタバタした雰囲気はありません。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 是非、1度病棟の雰囲気や看護師の仕事を見てみてください。 私もまだ入職して8ヶ月ですが、やりがいのある雰囲気の良い職場です。

看護師

津島 有樹

出身校:仙台医療技術専門学校
職 種:理学療法士

 

今の病院を選んだ理由をお答えください

 学生の頃に『東京へ この国へ リハの風を!』を読み、病院の理念にとても感銘を受けてこの病院に決めました。また施設を見学した際に、対応してくれたスタッフの熱いリハへの気持ちを感じ取れたことも後押ししてくました。見学後、そのまま願書を出したことをよく覚えています。

あなたが思う病院の良いところについてお答えください

 病院の理念の一つに’「人間の尊厳」の保持‘がありますが、一人ひとりの尊厳が認められ、患者さんがいきいきと輝いて生きていけるよう尊重していることです。

職場の雰囲気についてお答えください

 時には厳しく、そしてやさしく。みなさん、明るく話しやすい職場です。各職種が同じ休憩室、食堂を使用し、制服も統一されています。そのため隔たり無く各職種の方と話せます。そのこともあり、患者さんのことについて真摯に相談できる環境だと感じています。

チームの中での看護師の存在についてお答えください

 看護師には食事や整容、睡眠などの全身管理を含む生活を整えてもらっています。また内服管理、体調管理や精神的なフォローを一緒にしていくことで、患者さんのリハビリテーションを円滑に進めることができます。また、生活場面で「できるADL」を導入する際、患者さんのことを含めた全体を考慮した意見をくれるので、相談し協力して進めています。

就職・見学を考えている皆さんにメッセージをお願いします

 回復期での他職種、自職種とのチームアプローチやその役割について学ぶことができる環境であると思います。また今、現在もスタッフ全員が病院をより良くしようと努力しています。 ぜひ、一緒に働きましょう。





先輩看護師

応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ