ホーム > 教育体制について

教育研修部NsCW部門NSチーフ 挨拶

回復期リハ看護って、何だろうと思っている人、たくさんいるでしょう。
急性期の看護師さんみたいな、颯爽と歩く感じはないですが、患者さんや仲間たちと楽しく働けます。
ときに苦しみ・悩む事もありますが、いろんな職種で力を合わせて、患者さんが退院する時、泣くほど嬉しい、そんな職場です。
私の目標、「楽しく働く」を一緒に体験してみませんか?

教育研修部NsCW部門NSチーフ 相澤 尚子




回復期病棟では、患者さんに今までの生活に戻って頂く事が大切な視点としてあります。また、多職種と共にケアを提供していく為、広い視野で看護を考えることができます。まずは見学に来て当院の雰囲気を肌で感じてみてください。そして一緒に患者さんのより良い生活の為に看護を行っていきませんか?

教育研修部NsCW部門NSチーフ 山本 雄一郎




リハ看護のエキスパートになれるようサポートします

<プリセプターシップ>
<臨床看護技術>
全職種にプリセプターシップを導入し、新人研修で学んだことを実践に活かせるよう1年間サポート。チーム全体で新人を育てています。 「採血・注射・輸液・血糖チェック」
回復期においても注射や基本的な看護技術は必要です。基本技術の習得を目指し、技術トレーニングを実践しています。
<ワークショップ>
<臨床看護技術>
全職種でひとつのテーマについて話し合うことで、他職種への理解を深めるとともに、実際のカンファレンスのトレーニングにもなります。 「吸引・酸素療法」
吸引・酸素療法は、気管切開の患者さんもいらっしゃる当院では頻度の高い技術です。必ずトレーニングを経て現場に臨みます。看護師がリハスタッフへの指導も行っています。






教育体制

応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ