ホーム > 部門案内

回復期支援部 部長挨拶

川田 理恵 船橋市立リハビリテーション病院のホームページへようこそ。
当院は開院から10年目を迎え、成熟してきたことを実感しつつ、課題の解決に向けて成長を続けている日々です。当院の最大の強みはチームアプローチです。医師・看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・管理栄養士・薬剤師が、各チームに配属されています。各チーム50数名のスタッフが切磋琢磨しながら日々努力し、どの職種間にも垣根がなく、同じ目線で患者さんやご家族に向き合い、充実した仕事をしています。
  来年度は、医療と介護の診療報酬同時改定があり、回復期リハビリテーション病棟にも打撃があるかも知れません。しかし、今は自分たちのやるべき最大の使命である、患者さんとご家族を少しでも幸せに、輝ける人生を送ることできるように、スタッフ一同全力で取り組んでいこうと思っています。
 看護師のみなさん、患者さんが回復していく過程のお手伝いをしてみませんか。きっとやりがいがあり、自己の成長もできる仕事だと思います。

回復期支援部 部長 川田 理恵

ケア基準

輝生会の理念である“人間の尊厳の保持”を実践すると「寝・食・排泄・清潔」の分離ケアの徹底ということになります。
そして基本的ケアの実践を担保することです。

基本的ケアの10項目
  1. 食事は食堂で、可能な限り経口摂取していただきます。
  2. 洗面は朝夕洗面所で、口腔ケアは毎食後実施し、身だしなみを整えます。
  3. 排泄は必ずトイレで、オムツは極力使用いたしません。
  4. 入浴は家庭にある一般の浴槽を使用し、一日おきに浴槽に入っていただきます。
  5. 朝晩着替え、日中は普段着で過ごしていただきます。
  6. 転倒や誤嚥等の事故防止対策を徹底します。原則としては抑制はいたしません。
  7. 可能な限り日中はベッドから離れて過ごしていただきます。
  8. 他職種との情報の共有化を推進し、個別的で具体的な看護計画を立案・実施します。
  9. リハ技術を習得し、看護ケアに活かします。
  10. 家族へのケアと介護指導を徹底します。

スタッフ数

階数
1F
2F
3F
4F
合計
病床数
0
60
60
60
180
職種
外来
通所
訪問
地域連携室
-
2階病棟
3階病棟
4階病棟
-
マネジャー
3
1
2
3
3
3
15
看護師
3
0
1
0
28
29
29
90
ケアワーカー
3
0
0
0
16
16
16
51
理学療法士
9
9
0
0
24
24
23
89
作業療法士
7
8
0
0
17
17
17
66
言語聴覚士
4
3
0
0
8
7
7
29
ソーシャルワーカー
1
0
0
0
4
3
4
12
医師
1
0
0
0
3
3
3
10
薬剤師
0
0
0
1
1
1
1
4
放射線技師
0
0
0
2
0
0
0
2
臨床検査技師
0
0
0
2
0
0
0
2
管理栄養士
0
0
0
0
2
1
1
4
栄養士
0
0
0
11
0
0
0
11
調理師
0
0
0
25
0
0
0
25
スタッフサポート
0
0
0
13
0
0
0
13
リハビリスケジュールサポート
0
0
0
4
0
0
0
4
カスタマーサポート
3
3
0
9
0
0
0
15
クラーク
0
0
0
0
2
2
2
6
32
25
2
69
108
106
106
448

各種資格保有者数

医療法人社団輝生会では、職員が知識及び技術レベルを向上させ、より質の高い業務を実践するため、各種学会・職能団体が認定する資格の取得を目指しています。当院の主な『資格保有者』は下記のリンク先よりご確認ください。
※人数につきましては、複数資格取得者あり







部門案内

応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

このページのトップへ